異なる修理法

スマートフォンとビル

一般に販売されているアンドロイドと何が違うのか。アンドロイドは携帯会社が製造して販売していますがiPhoneに至っては販売しているだけになりますので、iPhone修理などは行っていないんです。もし修理をする場合は製造販売している親会社のショップへ行く必要があります。そこだと修理を受け付けています。申し込み方法はお店に行くかネット申し込みとなります。地域によってお店が無いことがあります。iPhone修理にかかる費用はデータ破損だけだと無料で、その他は5千円以上の費用が発生します。なぜデータの場合は無料なのかというと、生産時からの欠陥商品ということで本体自体を交換することになるため無料となっています。

iPhone修理を申し込む際は上記でも言った通りになります。お店があればその場で直してくれることもありますが、近くにない場合にはネット申し込みとなってしまいます。申し込むときは、サポートページにアクセスしていただくと受付欄が出てきます。電話かメールのどちらかを選ぶことができるので連絡しやすい方を選んでいただいてほしいと思います。連絡すればスタッフの方がすぐに対応してくださいますので大丈夫です。その後は本体の状態を説明していけば手続きを全てスタッフの方で行ってくれます。引き取りは宅急便になります。自宅に取りに来てくれますし、その際に費用は一切かからないのです。iPhone修理について分からないことがあれば気軽に聞いてみてください。